2013年3月26日火曜日

マーブルカテドラル

パタゴニアを旅する。
・・・のパタゴニアって国なの?
私はそう思っていましたが、これは地域の名前です。
日本で言う「湘南」と一緒です。
そんな地名はないけど、地域はある・・・みたいな。

アルゼンチンとチリにまたがっています。
なので、この地域を移動するときは、アルゼンチンとチリの出入国を繰り返します。
おかげでパスポートにはスタンプがいっぱい・・・

というわけで、アルゼンチン側チャルテンから目指すはチリ側マーブルカテドラル!
宿で一緒だったNくんも口説いて、またまた5人旅です。

マーブルカテドラルは、yoshiさんchiemiちゃんに誘われ急遽いくことにしたところです。
というか、パタゴニアほとんどこの2人に乗っかってきました。
ウシュアイアさえ、行く予定じゃなかったのです。

このマーブルカテドラル。
まだまだ有名ではない観光スポットです。
移動情報も町の情報も十分では有りませんが、行き当たりばったりで行くことに。

マーブルカテドラルがあるトランキーロという町まで、チャルテンから3日かかりました。
直通のバスはもちろんありませんし、その方向に向かうバスも毎日ありません。
この物価の高いパタゴニアで、何日も足止め。
お金が飛んでいきます。

町のインフォメーションで、ひたすら情報をかき集めたり、道行く車にひたすら行き先聞いたり。
そして、5人から増えて行くメンバー。
ここら辺の宿で出会う日本人は、ほとんど目的地が一緒。
最終的には9人で動いてました。
(シェラで会ったKさんとも再会!シェラで会った人との再会率すごいです。)

詳しい移動情報は、最後にどどんっとリンクをはらせていただきます。

やっとのことでついたトランキーロという町。
本当に小さい町です。
商店が2軒しかありません。
ツアー会社はコンテナです。

ここで申し込み。おじちゃんが目印

ここではカバーニャに泊まりました。
コテージを一棟借りて生活するスタイルです。
薪をくべる暖炉もあります。
あったかいし、なかなか気持ちもよいです。
のんびりしたいけど、なにもなさすぎるし、お金もかかるのでさくっと観光。

翌日ツアーに参加しました。
ボートでマーブルカテドラルへ向かいます。

これで朝8時。日の出が遅い
ものすごく寒かったです
ここで、マーブルカテドラルとはなにか!
直訳すると大理石の教会です。
自分の目で見てみると、きれいな洞窟でした。

とにかく水がきれい
洞窟の中に入ってきます
きれいでしょ
壁がマーブル模様

うねっとマーブル

洞窟なので日の光が入らないと、きれいに見えないらしいです。
洞窟を後にしたら急に曇ってきました。
ぎりぎりセーフの観光でした。

これからまたブエノスアイレスに戻ります。
・・・が、この移動も大変だったな。

by K

マーブルカテドラルへの行き方を知りたい方はこちらをのぞいてみてください。




というわけで、マーブルカテドラルへの行き方なのですが、詳しくは下記ブログをご参照ください。
yoshiさんのブログです。
情報たっぷりお役立ちブログです。

http://yaplog.jp/takuji/archive/593




1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除